「まだ若いから。」「婚活にはまだ早い。」20代の女性ならそう思うかもしれません。婚活は30代、40代の女性がするイメージです。でも本当にそうでしょうか?

20代の女性は婚活する必要ある?

20代の時って、特に婚活をしなくても出会いがあります。だまっていても合コンのお誘いはくるし、彼氏がいないと言えば友達や知り合いが紹介してくれたりします。そんなにあせらなくても、と女性は考えがち。自然にしていればそのうち、誰かと結婚できそうな気もします。でも出会いを逃してしまう人がいるのも事実。独身のまま30代、40代と進んでいくとだんだん婚活も厳しい状況になっていきます。できれば売り手市場の20代のうちに、たくさんの出会いの中からベストなパートナーを見つけたいところです。

20代の女性の婚活方法その1

まずは彼氏がいない、そして婚活に前向きな同世代の女性を見つけましょう。例えばコンパをすることになっても、すぐにメンバーが集まるので楽です。また同じ目的を持ったグループがいると、はげましあえるというメリットもあります。多くの情報もグループ内で共有できます。グループ内のそれぞれが、合コンなど出会いの場を作って持ち寄れば、1人で出会いを探すより、出会いの機会は何倍にも増えます。

20代の女性の婚活方法その2

彼氏の紹介は、彼氏がいて幸せな恋愛をしている人か、結婚している友人に頼みます。パートナーとうまくいっている女性は、他人の幸せも歓迎するので、いい人を紹介してもらえる確率が高いです。彼氏や夫の友人を紹介してくれたりします。仲のいい職場の先輩に頼むの手です。社会人になると特に男性の場合、出会いがないようで結構彼女がいない人がいたりします。1対1で会うのは勇気がいる、というような時は同じ独身の友達も巻き込んで合コンしてしまえば気軽です。

20代の女性の婚活方法その3

結婚式や披露宴、二次会、同窓会のたぐいにはなるべく参加します。たくさんの人に出会える場です。そしてその場で気になる人がいたら、気にならなくても感じのいい人がいたら、独身かどうか確かめて合コンを設定します。大切なのは、その人のまわりに素敵な友人がいるかもしれないということ。なのでタイプでなくても、感じのいい人だったら1度合コンしてみて、その人の友人にいい人がいないかチェックしてみます。また、後日、新婦や、同窓会なら友人に聞くなどして、その人の評判などもチェックできれば安心です。

まとめ

20代の女性から合コンしませんか?と言えば、まず断られることはほとんどないと思います。たくさんの出会いをつくりやすい20代のときにこそ、充実した婚活を成功できる確率が高くなります。たくさんの出会いの中から、納得できるパートナーを選ぶべきです。