格安航空券の国内路線利用時のチェックイン

ほとんどのサービスが有料

格安航空券 / 航空券 予約・国内線

ほとんどのサービスが有料スタッフが忙しく端末操作が不安チケットは安いけど荷物にお金がかかる

日本でも徐々に浸透しつつある、格安航空券を利用しての旅行や帰省、ビジネスの出張ですが、格安航空会社を利用する場合注意をする必要があります。
格安航空会社がこれまでの既存の大手航空会社と違い、大幅に安い価格で航空券を販売出来る理由は徹底したコストカットにあります。
これまでの航空会社では飲み物の提供や機内食、ブランケットなどが無料で提供されてきましたが、格安航空会社は無料では提供しません。
手荷物の預け入れも有料になり、また航空券のキャンセルも原則出来ないルールになっています。
また、それと同時に気を付けなければならないのがチェックインです。
大手の航空会社が利用するターミナルとは別にLCCターミナルを建設し、運航している空港が日本でも増えてきています。
成田空港や関西空港では既に運用が始まっていますが、名古屋のセントレア空港においても来年度からLCCターミナルの運用が始まる予定になっています。
このLCCターミナルでチェックインが行われることを知らないと乗り遅れることにもなるので気を付けなければなりません。
例えば、関西空港でピーチ航空を利用した際には、関西空港駅から降りて、右手のエアロプラザと呼ばれる建物の1階から巡回バスに乗り、LCCターミナルへ移動しなければなりませんでした。
この巡回バスは昼間の時間帯であれば頻度多く運航しているのですが、朝早い時間や夜遅い時間になると運航頻度が落ちます。
そのため、朝一番の飛行機の乗る場合は早めに空港へ着くようにしないとバスに乗ることが出来ません。