格安航空券の国内路線利用時のチェックイン

スタッフが忙しく端末操作が不安

格安航空券航空券 予約・国内線

ほとんどのサービスが有料スタッフが忙しく端末操作が不安チケットは安いけど荷物にお金がかかる

関西空港の場合、成田空港と違いLCCターミナルまで歩くことが出来ないので注意が必要です。
また、ピーチ航空の場合朝7時台に国内路線で4本や5本といったほぼ同じ時刻に出発する飛行機が多いので、チェックインが混み合います。
ピーチ航空ではチェックインカウンターがあるわけではなく、簡易な段ボールのような硬めの板で作られた台にパッド端末が設置され、顧客が自分でチェックインをするシステムを取っていました。
実際にその場に行くまで自分の座席が分からないのは不安だという方は事前に予約の段階で別料金を支払って座席を指定することが出来ます。
指定をしないと朝来た順番で座席が埋まっていきますので、窓側や通路側など指定をしたい場合は料金を支払う必要があります。
この端末ですが、慣れていないとチェックインにも時間がかかってしまいます。
朝の時間は利用客も多いので列が出来ていました。
誰か1人が手間取ってしまうと、使用出来る台数も限られているのでどうしても列が出来ます。
周りにピーチ航空のスタッフもいますが、色々な業務を兼務しているようで、ずっと端末に付き添っているわけではないようでした。